FC2ブログ

古母里の「旬」をお届けします

ただ「うまいもの」をお客様に提供したいという一心で包丁を握り続け、店を守り続けてきたおやじのいる店、それが「古母里(こぼり)」です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日の築地市場

酷暑の築地より


日ごろ、築地市場で購入した鮮魚は
このカゴ↓=「必殺仕事人カゴバック」に入れて持ち歩きます
かご

が、先日記載したように、最近は鮮度を保つための氷のおかげで
ひっっっじょうに重くなります

どのくらいだろう・・・たぶん2,30キロにはなるでしょうか
(それを持って運ぶ私・・・複雑でございますね

しかし、いくらこのカゴが必殺だからといって
古母里が仕入れする量からは到底たりません
その他の食材は、各仲卸業者が直接運んでくれます

その時は、必ず発泡スチロールに入れてきてくださいます
はっぽう1 はっぽう2

はっぽう3

ご覧の通り、築地市場内には、いたるところに発泡スチロールが山積しております
必要不可欠・・・しかし、これはとても地球によろしくない状況ですね


しかーしここで登場するのがコチラ↓
きかーい
その名もエコロボエース!!



1978年3月、築地市場で、当時様々な問題を抱えながらも
焼却処理されていた発泡スチロールを
市場内に設置した独自に開発された機械で
再資源化に適した状態(再生ブロック)↓として加工
かこう

そしてそれを引取り、プラスチックの再生原料として販売を始めるという
すばらしい会社がございます

このように1 このように2

回収された発泡スチロールケースは、粉砕され↑こんな感じの長方形に形成
その後、プラスチックの原料として運ばれていくのです!

とっっってもエコ!!地球にやさしい取り組みの一つですね




このように、築地市場は、環境にも配慮した取り組みをしっかりしつつ
みなさまに新鮮な食材をお届けしております

以上
本日は築地市場の裏側をお伝えしました

スポンサーサイト

| 旬もの | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://akasakakobori.blog3.fc2.com/tb.php/27-c2480eba

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。